2021.09.28

RMT Korea.Incとのアライアンス解消に関して



この度CROSSTECHは、RMT Korea.Inc(韓国)(※以下、RMT)とのCROSSTECHコンソーシアムにおけるアライアンスを解消したことをお知らせ致します。

アライアンス解消の理由は以下の通りです。

RMTは、韓国暗号資産取引所「特定金融取引情報の報告および利用等に関する法律(特禁法)」に基づき、韓国国内のすべての暗号資産サービス提供事業者は2021年9月24日までに、金融情報分析院(FIU)に登録する必要がありました。

しかし、事業者の届出期限までに銀行の実名口座を開設しFIUから情報セキュリティ管理体系(ISMS)の認証を受けるための登録申請を終えることはできず、現在RMTは特定金融取引情報の法令を順守し暗号通貨交換業のサービスを停止しています。
※RMTに暗号資産を預けているお客様にはRMTより既にご案内済みです。
サービス停止に関する個別のお問合わせはこちらから可能です。
support@rmtkorea.net

CROSSTECHとしては韓国の法規制を踏まえRMTの韓国における状況を総合的に鑑み、ISMSの申請基準を満たすことに依存しプロジェクトを待機させるのは昨今の動きの早い暗号資産市場においては賢明ではないという判断に至り、この度RMTとのアライアンスを解消するに至りました。

CROSSTECHの韓国の事業展開は、今回のアライアンス解消の影響は受けないようISMS認証を取得済みの企業とアライアンスを組む形で事業展開を行う方針です。今後韓国のプロジェクトにおける進展は都度お知らせ致します。

XCRについて

XCRの上場時期に関しては、この度のISMS申請法令や韓国RMTコンソーシアムメンバー解消の影響を受けないよう関係各所と調整を行っております。公表できるタイミングにて発表致します。

CROSSTECHのXCRプロジェクトは2021年10月に国際的なサミットでのプロジェクト発信を予定しており、プロジェクトはしっかりと前進しています。

また詳細について別途お知らせ致します。 今後とも応援の程よろしくお願い申し上げます。



CROSSTECHチーム