2021.04.01

【重要】Vote For CROSS project “Reborn”

2021年4月15日を境に、CROSSはプロジェクトを大幅に一新、新生CROSSとして生まれ変わります。

なぜCROSS projectはこのタイミングでRebornを行うのか?

CROSS projectは2018年のスタートから現在に至るまで、様々なブロックチェーンプロダクトをCROSS projectコンソーシアム企業、メンバーと共に発表してきました。

ブロックチェーン業界はCROSS projectが発足した当時よりもトレンドの移り変わりが激しく、この業界で生き残る為には、より一層大きな努力と新しい発想が必要となってきています。

3年前以上前に作成されたCROSSのホワイトペーパーには、現在暗号資産業界で主流となっている、半中央集権型取引所・Defi・NFTなどの発想や思想が組み込まれており、CROSS projectの先見性は現在のマーケット状況を見れば証明されています。

だからといって、必ずしもCROSS projectから生み出された全てのサービスやプロダクトの成功しているわけではありません。

トレンドの移り変わりが早いブロックチェーン業界では、サービスやプロダクトのライフサイクルが早く、今日流行っていたサービスやプロダクトが明日には流行らなくなるという事がおきます。

CROSS projectが最初に生み出した重要な製品であるCROSS exchangeにおいても、マーケットトレンドの移り変わりに対して迅速な対応が出来きない部分が多くありました。

今回、CROSS projectでは過去の運営経験を踏まえ、プロジェクト全体の見直しを行い、新生CROSSとして生まれ変わります。

具体的にどのようにCROSS projectは変化するのか?

CROSS projectは現在まで多くのシステム開発を行い、それらのシステムを資産として保有しています。

CROSS projectの資産の再整理と再構築を行い、新たなマーケットの創出を行います。

具体的には現在チャート取引を中心としたエコシステム構築を目指すのではなく、より柔軟にXCRチェーンが利用される環境を作ります。

CROSS projectが開発を行ってきたブロックチェーン関連システム一部


・暗号資産交換所・取引所
・暗号資産PtoP取引
・分散型セキュリティー電子ウォレット(特許保有)
・トークン自動発行機能
・ノード開発・運営
・暗号資産決済KIOSK端末
・暗号資産決済が可能なモール構築システム
・・・etc

これらの資産を統合するプラットフォームを構築し、CROSS projectが目指す半中央集権分散型金融サービスHy-Defi(Hybrid Defi)を市場へ投入します。

Hy-Defiは操作が煩雑なDefi(分散型金融サービス)へのユーザーのアクセスを容易にし、ブロックチェーン関連のサービスに不慣れなユーザーがブロックチェーンによる経済的な恩恵を受けやすいプラットフォームの構築を行います。

Vote to Reborn CROSS project

4月15日にCROSS projectRebornを行い、重要なユーザー投票を行いその投票を元に今後の運営方針を決定します。

その日を境にCROSS projectは新生CROSSに生まれ変わり、段階的に新たなプラットフォームに各サービスやプロダクトの統合を行います。

非常に重要な投票となりますので、多くのユーザーの参加を期待しています。

Reborn at 4/15の詳細参加方法に関しましては4月7日までに決定され、当サイトで告知されます。
新たなCROSS projectのスタートにご期待ください。

CROSSチーム