2019.10.27

CROSSの自律分散テクノロジーを利用した、ブロックチェーンベースのポイント及びプリペイドカード等の発行、管理、交換システムを日本国内と海外で来年Q1にリリースを発表。国内外のポイント経済圏の相互価値交換を促進する

ブロックチェーン金融システムの開発企業である香港に拠点を置く、*BRAINCHILD HK LTDは日本国内と海外向けに、ブロックチェーンベースのポイント発行・管理システムと交換プラットフォーム(Pointech:仮名)を来年Q1にリリースを予定しています。

Pointechはブロックチェーンベースの等ロイヤリティ・ポイントプログラム、金券やギフト券などの前払い式支払い手段等(以下、「ポイント」)の展開をオンライン上で行うことができ、瞬時に安全そしてほぼゼロコストで発行・管理が可能。

さらに、
Pointechの交換所機能では、今まで難しかった国内外のポイントプログラムやブランド間での様々なポイント・金券・ギフト券などのチャージや交換を迅速かつシームレスに行えます。


Pointechはブロックチェーン基盤のポイント発行を行うことにより、今までのポイント発行・管理システムの問題点を抜本的に解消します。

  • ❖ 発行・管理コストの高さ
  • ❖ 導入・発行までの時間の長さや手間
  • ❖ 他の価値(他社ポイントや商品、法定通貨など)への交換姓・顧客満足度の悪さ
  • ❖ 増え続ける紙券やアプリ、使用時の不便さなど利用者のユーザビリティの悪さ
  • ❖ マーケティング活用や管理性の悪さや煩雑さ

これらのデメリットを改善し、
さらに、Pointechを導入することで
以下のようなメリットが、企業(ポイントプログラム・商品券等の発行者)やユーザーに提供される

  • 1. ポイント・プリペイドカード(商品券・ギフト券等)・電子マネーをほぼゼロコストで即時発行が可能
  • 2. プリペイドカードを含めたQRコード決済に対応した決済
  • 3. スマートコントラクトにより自動的に契約を履行可能なポイントの発行が可能
  • 4. 複数のポイントや金券などの管理利用がスマホ内のウォレットにて全て行えるので、紙や専用端末、処理業務などのポイントカード発行に伴う余計な経費は必要なし。
  • 5. 他社のポイントや金券、ギフト券などとの価値交換の選択肢が増え、かつ瞬時に行え、顧客満足度やロイヤリティが向上する。
  • 6. いわゆるポイント経済圏に流動性が生まれ、ポイントや金券の資産化が起こる

セキュリティ対策としては、ポイント等の発行、交換・売買、利用などのデータは、今回のポイント発行システムのために最適化された、独自プライベートブロックチェーン(XCRステーブルチェーン:仮名)に記録され、データ改ざん、データの重複、データの盗難、といったリスクを限りなく最小限に抑え、安全性の担保を現在のポイント発行システムとは全く違ったレベルで管理運用がされます。

これらのセキュリティ技術にはCROSSの持つ自律分散型セキュリティ技術が転用、活用されます。

XCRステーブルチェーンで発生したトランザクションの一部は、CROSSの発行するXCRの市場流通に接続され、買い上げとバーンに使われ、XCRの市場価値向上に貢献します。


BRAINCHILD HK LTDではPointechの利用を円滑に促進するため、国内の資金決済法に基づく第三者型前払式証票発行登録事業者との提携交渉の最終調整を行っており、契約締結次第ブロックチェーンベースのポイント発行を行います。


Pointech問い合わせ先:BRAINCHILD HK LTD
https://crossgate.world/


*BRAINCHILD HK LTDは分散型価値交換プラットフォームの構築を目指す、アゼルバイジャンに拠点を置くブロックチェーンプロジェクトの「CROSS」への参加企業です。